先輩の紹介

入社3年で店長に。
迷わず進める基盤があるから挑戦できた。

Eriko Shibata

入社年:
2016年
出身校:
北海道薬科大学(現 北海道科学大学)
私のキャリア
店長

これまでのキャリアステップについて教えてください。

新人研修を終えた後、北大前店に本配属となりました。調剤・鑑査・投薬などの店舗業務を教えて頂きながら、難病や適応外の処方にも触れることができ、とても勉強になりました。その後立川店に異動となり、外来業務と同時に施設の調剤と薬のお届けも行っていました。シフト制だったため店長不在時の対応も経験し、自分で判断がつかない場合は店長に相談して対応の仕方を学んでいました。その後桑園店に異動となり、月次業務を学んで現在の店舗に異動となっています。

現在の活動内容(業務内容)を教えて下さい。

通常の薬剤師としての店舗業務に加え、店長として毎月の売上報告や職員の労務管理、門前病院との連携のための情報共有等を行っています。本社と店舗の仲介となり、店舗状況の報告や本社からの伝達事項を店舗職員と共有し、店舗としての方針を決定しています。新しい仕事や体制が変わる時には職員と相談し、皆さんの意見をすり合わせて業務を行いやすい方法を考えています。

新卒入社後3年で店長に昇進しましたが、実際に店長として働き始めて管理薬剤師として学び成長したことは?

店舗の運営に必要な部分や法律など、今まで以上に意識するようになりました。業務に関して職員と相談する時間が増えたので、業務を効率的に行うための工夫や、店舗の改善点についても日々考えるようにしています。まだまだ薬剤師歴も浅いので、先輩薬剤師からもアドバイスしてもらいながら店長業務を行っています。店長として自分が引っ張っていくというよりも、皆の意見をまとめていくような働きかけを心がけています。

これからのビジョンを教えて下さい。

店長として得た経験を活かし、患者様だけでなく職員にとってもより良い店舗づくりに協力していきたいです。店舗業務の他にも研修の運営やリクルーターとしての活動も行っているので、様々な業務を経験してスキルアップしていきたいです。

薬剤師を目指す薬学生のみなさんにメッセージを!

実務実習で体験することと、実際に薬局で働いて感じることが全然違いました。学生の時に思っていたよりも色々な仕事が経験でき、患者様とお話することで学べることも沢山あります。就職先に悩む方も多いと思いますが、色々と見学に行って自分のやりたいことが叶えられそうな場所を選んでみてください。

ページのトップへ戻る