先輩の紹介

薬剤師として「支えたい」という想いで、
資格を習得。険しい道も患者様のためなら
乗り越えられた。

Toshikazu Tanaka

入社年:
2018年
出身校:
東邦大学
私のキャリア
がん領域認定薬剤師

ナカジマ薬局を選んだ理由はなんですか。

「患者様中心主義」という企業理念のもと患者様と向かい合うことを大切にしている会社であるからです。テレフォン服薬サポート®を積極的に行い、患者様サポートを行っていることはその代表的な例です。薬剤師としての成長が、患者様のサポートや地域医療への貢献へ発揮できる会社であるためナカジマ薬局を選びました。

仕事において、外来がん治療認定資格はどのように活かされていますか?

認定薬剤師がいるからナカジマ薬局を選んで下さる患者様もいらっしゃいます。患者様に適切な情報提供をするとともに、安心して治療ができる環境を作ることができると思います。 現在は同じく外来がん治療認定薬剤師を目指している薬剤師への認定取得のサポートをしています。外来でのがん治療をサポートする薬剤師が増えることにより患者様はより適切な環境で治療できることに繋がると考えています。

なぜ、外来がん治療認定薬剤師を目指したのですか?

2人に1人は癌に罹る時代です。外来でがん治療を行う患者様が増え、調剤薬局で治療薬や支持療法薬を調剤する機会が増えています。そしてがん薬物療法を適切にサポートできる薬剤師のニーズも増えています。
外来がん治療では副作用マネジメントとアドヒアランスがとても重要であり、薬局薬剤師の役割もとても重要です。適切にサポートするためには、日々の業務では認定薬剤師を目指さないとなかなか習得できない知識やスキルが多くあることを実感し、認定薬剤師取得を目指しました。

薬局でがん認定資格を取得するのは難しい印象がありますが、ナカジマ薬局の認定薬剤師資格取得サポート制度の魅力は何ですか?

認定取得に必要な学会への参加、単位取得のための金銭的な補助がでるのはとても大きいと思います。
何より地域医療へ貢献するために、強い志を持つ方へ金銭面だけでなくしっかりとサポートする体制があります。
目的を明確にもって認定薬剤師を目指す薬剤師には心強いサポート制度だと思います。

これからのビジョンを教えて下さい。

外来がん治療認定薬剤師として成長するとともに、店長になり店舗運営も含め高度薬学管理機能を持つ薬局の確立すること。
薬剤師としての職能を発揮できる、薬学管理を含めた薬局運営のためのマネジメントを学んでいきたいです。

ページのトップへ戻る