研修制度

過去の演題の紹介

2019年

第36回 ナカジマグループ学術研究会 演題

  • ジェネリック推進への取り組み~目指せ変更率15%Up~

    オホーツクエリア

  • 後発医薬品調剤体制加算と店舗売上との損益分岐点について

    函館エリア

  • ラウンド栄養士の実施報告と今後の展望

    空知エリア

  • 保険薬局かかりつけ薬剤師による患者の継続的服薬支援~服薬ケアプラン導入の試み~

    札幌エリア、日本薬剤

  • 帯広エリアにおけるテレフォン服薬サポート🄬の好事例

    帯広エリア

  • 当社における健康フェア実施状況についての検証

    薬局事業部

  • 栄養状態を改善する事で得られる効果

    札幌在宅調剤センター

  • 薬局の研究と研究倫理について

    DI ・学術チーム

2018

第35回 ナカジマグループ学術研究会 演題

  • ジェネリック医薬品への代替を拒否する理由の調査・検証

    空知エリア

  • 廃棄薬品の現状と対策

    オホーツクエリア

  • 医療資源の乏しい地域におけるかかりつけ薬剤師と調剤薬局の役割

    函館エリア

  • 帯広エリアにおける在宅業務の現状と課題

    帯広エリア

  • 保険薬局と病院の合意に基づく疑義照会簡素化プロトコルの取り組み

    札幌エリア、日本薬剤

  • 保険薬局薬剤師による病院研修成果報告

    空知エリア、DI・学術課

  • 調剤薬局における腎機能への薬剤師の意識度調査

    帯広エリア、DI・学術課

  • かかりつけ薬剤師共同研究

    DI・学術課

2017

第34回 ナカジマグループ学術研究会 演題

  • ナカジマ薬局におけるジェネリック医薬品の理解度調査

    札幌第二エリア ひらおか店

  • 災害時等における心構えについて

    札幌第一エリア 苫小牧店

  • 多職種連携と薬剤師の地域進出

    オホーツクエリア 小清水店

  • 健康サポート薬局への期待と取組

    空知エリア あおぞら薬局

  • かかりつけ患者における調剤薬局の取り組み ~テレフォン服薬サポート(R)~

    帯広エリア はくりんだい店

  • オピオイド使用患者における薬薬連携とテレフォン服薬サポート(R)の可能性について

    函館エリア サンセイ調剤薬局本店

2016

第33回 ナカジマグループ学術研究会 演題

  • 『雄武町健康フェア開催について』

    オホーツクエリア はまなす調剤薬局

  • 『調剤薬局における環境衛生に対する実態調査』

    空知エリア 市立病院前店

  • 『シックデイに関する聞き取り調査』

    札幌第1エリア 宮の森店

  • 『残薬に関するアンケート調査』

    札幌第2エリア 北41条店

  • 『「かかりつけ薬剤師」を目指して~ブラウンバックを活用した残薬確認の調査~』

    帯広エリア 足寄店

  • 『調剤薬局におけるテレホン服薬サポートを使用したがん患者のサポートについて』

    函館エリア サンセイ調剤薬局本店

  • 『(株)ナカジマ薬局札幌桑園店におけるドライブスルー調剤の患者分析』

    DI・学術部会

  • 『かかりつけ薬剤師同意獲得増加にむけての現況考察』

    札幌店・静岡島田店・立川店・苫小牧店・牧ノ原静波店・みどりヶ丘店

  • 『往診同行の実態調査』

    札幌第2エリア 在宅調剤センター

  • 『調剤薬局におけるOTCの現状とニーズ探索』

    札幌第2エリア 麻生店

  • 『重複投薬・相互作用等防止加算の現状』

    帯広エリア 清水店

2015

第32回 ナカジマグループ学術研究会 演題

  • 『行ってみよう!やってみよう、在宅!』

    帯広エリア めむろ店

  • 『オホーツクエリアにおける在宅実績獲得に向けた取り組み』

    オホーツクエリア きたみ店

  • 『施設調剤における監査時間の分析』

    札幌エリア 札幌在宅調剤センター

  • 『テレフォン服薬サポートを活かした残薬確認の調査』

    帯広エリア あしょろ南2条店

  • 『服薬サポートのためのハガキ作成について』

    札幌エリア 北大前店

  • 『空知エリアの年間取り組みについて』

    空知エリア 砂川店

  • 『三職種合同力ンファランスに取り組んで』

    札幌訪問看護ステーション季の風

  • 『現在の予防接種について』

    札幌エリア 札幌店

  • 『施設基準算定の為の在庫700品目の確保の方法』

    函館エリア サンセイ柏木薬局

  • 『保険薬局における抗がん剤治療の現状調査』

    調剤事業部

2014

第31回 ナカジマグループ学術研究会 演題

  • 『在宅を考える』

    ナカジマ薬局 麻生店

  • 『自転公転混合機による軟膏混合条件の検討』

    ナカジマ薬局 宮の森店

  • 『調剤報酬の改定に伴う後発品使用率の変化について』

    ナカジマ薬局 静岡島田店

  • 『乳幼児による皮膚疾患へのアプローチ』

    まごころ薬局

  • 『お薬手帳の持参率を上げるための取り組み』

    ナカジマ薬局 砂川店

  • 『オンラインストレージサービスを使った、DI情報収集の取り組みについて』

    ナカジマ薬局 なよろ市立病院前店

  • 『先発品からGEへ変更して調剤し、再度先発品に戻った症例』

    ナカジマ薬局 サンセイ中央店

  • 『スマートフォンで行う健康管理について』

    サンセイ川原薬局

  • 『CRSの認知度と感染拡大の予防』

    ナカジマ薬局 木野東店

  • 『薬剤師が行うフィジカルアセスメント』

    ナカジマ薬局 西17条店

  • 『薬局の感染予防対策について』

    ナカジマ薬局 札幌店 苫小牧店 みどりヶ丘店

  • 『進化するC型肝炎治療~外来で調剤薬局ができること』

    ナカジマ薬局 北大前店

  • 『お薬手帳持参率についての調査』

    ナカジマ薬局 野幌店

  • 『オーソライズドジェネリックの有用性』

    ナカジマ薬局 わかやぎ店

  • 『外用後発医薬品の使用感に関する患者 アンケート調査』

    ナカジマ薬局 網走南4条店

  • 『北見市内における手順書を用いた吸入指導 標準化と地域連携』

    きたみ調剤薬局

  • 『錠散自動分包機の効率的使用方法模索について』

    サンセイつじ薬局

  • 『小児の服薬に関する保護者へのアンケート調査』

    ナカジマ薬局 めむろ店・清水店

  • 『透析患者様の服薬指導につなげるためのアプローチ』

    ナカジマ薬局 あしょろ南2条店

  • 『外用薬の先発・後発医薬品の違い』

    ナカジマ薬局 西23条店

2013

第31回 ナカジマグループ学術研究会 演題

  • 『脂質異常症の治療と服薬指導について』

    ナカジマ薬局 滝川西町店

  • 『ステロイドの使用に対する患者様の不安の解消のために』

    ナカジマ薬局 野幌旭通店

  • 『点眼薬のアドヒアランス調査』

    ナカジマ薬局 野幌店

  • 『ピロリ菌除菌の適応拡大に伴って』

    ナカジマ薬局 網走南4条店

  • 『透析についてのまとめ』

    ナカジマ薬局 あしょろ南2条店

  • 『調剤薬局を取り巻く各種療法・健康法』

    ナカジマ薬局 札幌店

  • 『薬局における疾病食の取り組み 〜患者への食事療法サポート〜』

    ナカジマ薬局 みどりヶ丘店

  • 『ケトプ口フェン製剤使用患者への光線過敏症追跡調査』

    ナカジマ薬局 めむろ店

  • 『透析患者のケイキサレートによる治療』

    ナカジマ薬局 桑園店

  • 『お薬手帳を用いた薬薬連携を目指して』

    ナカジマ薬局 医大前店

  • 『透析の合併症について』

    ナカジマ薬局 小清水店

  • 『慢性賢不全に対するオウギ末について』

    ナカジマ薬局 あおぞら薬局

  • 『施設における薬の適正使用についての取り組み 

    〜抗精神病薬と睡眠薬〜』

    ナカジマ薬局 島田店・牧之原静波店

  • 『当社におけるムコスタ点眼液のアドヒアランス向上への取り組み』

    ナカジマ薬局 野幌店・北海道薬学大会発表演題

2012

第29回/ナカジマグループ学術研究会

  • 『妊娠悪阻患者に対するアドヒアランス向上のための工夫』

    ナカジマ薬局 西23条店(帯広)

  • 『今日のドライアイ治療薬 〜ムコスタ点眼を中心に〜』

    ナカジマ薬局 野幌店(札幌)

  • 『小児科感染症における啓蒙ツールの作成』

    ナカジマ薬局 苫小牧店・札幌店

  • 『一般商品販売における各店舗の取り組みについて(函館エリアの場合)』

    サンセイ柏木薬局(函館)

  • 『第二期3つの風プロジェクト活動内容について』

    3つの風プロジェクトチーム

  • 『計画停電の準備と意識調査』

    ナカジマ薬局(札幌)

  • 『患者様の高齢化に伴う問題事例の紹介』

    あかつき調剤薬局、はまなす調剤薬局

  • 『患者様の心理と薬剤師の関連性』

    ナカジマ薬局 足寄店(足寄)

  • 【招待講演】『健康寿命から考える予防医療 ~みんなで元気で長生きしよう~』

    栗原クリニック東京・日本橋 院長 慶應義塾大学特任教授 栗原 毅 先生

  • 【特別講演】『医療の世界から『生きること』を考える~今、あなたは幸せですか?~』

    聖路加国際病院 がん診療特別顧問 静岡がんセンター名誉院長 鳶巣賢一 先生

2011

第28回/ナカジマグループ学術研究会

  • 『管理栄養士業務と、調剤薬局における今後の取り組みについて』

    ナカジマ薬局開発事業部OTC推進課

  • 『HoLEP(ホルミウムレーザー前立腺核手術)による前立腺肥大手術について』

    ナカジマ薬局(十勝)

  • 『症状から選ぶサプリメントや食品〜食品、サプリメントとそれらが有効な症状についてのまとめ〜』

    ナカジマ薬局(空知・札幌)

  • 『薬剤師の在宅医療へのかかわり』

    ナカジマ薬局(留萌)

  • 『災害医療の現場で行われるトリアージについて』

    ナカジマ薬局(静岡)

  • 『新人事務教育カリキュラムを用いての指導報告』

    ナカジマ薬局薬剤部事務課

  • 『過去のクレームを振り返って 〜より良い薬局作りのために〜』

    ナカジマ薬局(麻生)

  • 『ピッキングシステム「正」の使用状況の調査報告と今後の課題について』

    ナカジマ薬局(札幌・名寄)

  • 【招待講演】『医薬品とアレルギー』

    北海道文教大学 人間科学科栄養学科 准教授 板垣康治 先生

  • 【招待講演】『アンチエージングの医療の実践とビタミンC』

    銀座上符メディカルクリニック 院長 上符正志 先生

2010

第27回/ナカジマグループ学術研究会

  • 『LiQ(水剤定量分注機)を利用したシロップ調剤の実態』

    サンセイ調剤薬局(函館)

  • 『ハイリスク薬の薬歴管理について』

    ナカジマ薬局(空知)

  • 『深川地域における相談とその対応 ~殺虫剤について~』

    ナカジマ薬局(空知)

  • 『サービスを超える瞬間』とは<実例・実践編>

    ナカジマ薬局開発事業部OTC推進課

  • 『新人研修の評価と今後の取り組み』

    ナカジマ薬局(札幌)

  • 『スポーツファーマシスト ~ドーピングに対する情報提供を考える~』

    ナカジマ薬局(名寄)

  • 『Mind_map_を用いた会議の効率化について』

    サンセイ調剤薬局(函館)

  • 『テレフォン服薬サポート』の取り組みと評価に関する研究~薬剤師アンケートによる検討~

    ナカジマ薬局薬剤部

  • 【招待講演】『緑内障の基礎とその診断治療について』

    おかざき眼科 院長 岡崎裕子 先生

  • 【特別講演】『クレームから身を守るために~あなたの周りの”困ったちゃん”分析』

    有限会社ナチュラルハート 代表取締役 神田裕子 先生

2009

第26回/ナカジマグループ学術研究会

  • 『薬局として患者様に出来るサービスの考察。~選ばれる薬局を目指して~』

    ナカジマ薬局(空知)

  • 『OTC指導文章作成による患者様満足度の向上』

    ナカジマ薬局(空知)

  • 『在庫管理の効率化 ~不足薬を出さない為に~』

    ナカジマ薬局(札幌)

  • 『患者様中心主義を実践する為の課題(職員意識調査結果報告)』

    サンセイ調剤薬局(函館)

  • 『インフルエンザに関する患者様への啓蒙活動』

    ナカジマ薬局(十勝)

  • 『服薬指導時における疾患説明・食事指導のツールの利用』

    ナカジマ薬局(十勝)

  • 『ヒヤリハットを検証、分析し過誤防止対策に生かす』

    ナカジマ薬局(札幌)

  • 『池北地区における地域高齢者・障害者医療への関り実態報告』

    ナカジマ薬局(オホーツク)

  • 『服薬コミュニケーション、薬歴の質を向上させるためのツール作成』

    ナカジマ薬局(オホーツク)

  • 『より質の高い服薬コミュニケーションを目指して』

    ナカジマ薬局(札幌)

  • 【招待講演】『精神疾患の捉え方と、疾患による服薬指導の特徴』

    医療法人ホクレア たぐちクリニック 院長 田口博之 先生

  • 【特別講演】『最先端のアンチエイジング医学 ~栄養療法と健康~』

    三番町ごきげんクリニック 院長 澤登雅一 先生

2008

第25回/ナカジマグループ学術研究会

  • 『患者視点からの代替調剤考察』

    ナカジマ薬局(空知)

  • 『ジェネリック医薬品と先発医薬品との適応差異についての調査』

    サンセイ調剤(函館)

  • 『後発品選択時アドバイスの出来る薬剤師を目指して』

    ナカジマ薬局(苫小牧)

  • 『後発医薬品使用促進の試み』

    ナカジマ薬局(札幌)

  • 『後発医薬品の増加に伴う不動在庫の対応について』

    ナカジマ薬局(十勝)

  • 『ステロイド外用剤の使用状況調査 ~服薬指導・薬歴向上にむけて~』

    ナカジマ薬局(札幌)

  • 『薬歴の活用 ~薬歴の持つ意義を考える~』

    ナカジマ薬局(留萌)

  • 『業務効率化を目指した薬歴の見直し』

    ナカジマ薬局(麻生)

  • 『薬歴記載における効率化への試み』

    ナカジマ薬局(十勝)

  • 『薬歴のフォーカスチャーティングの変更によるアンケート調査』

    ナカジマ薬局(札幌)

  • 『保険薬局における在宅訪問薬剤管理指導の実践から』

    ナカジマ薬局(十勝)

  • 『桑園店における在宅服薬指導の紹介』

    ナカジマ薬局(札幌)

  • 『サプリメントに関しての意識調査、使用実態調査』

    サンセイ調剤薬局(函館)

  • 『地域基幹病院の患者さまの転院と薬局の対応』

    ナカジマ薬局(オホーツク)

  • 『特別講演「当たり前基準で自分を変える」』

    (有)ゴーアヘッドジャパン 遠藤友彦

2007

第24回/ナカジマグループ学術研究会

  • 『日常業務の改善 ~薬歴・在庫業務を中心に~』

    ナカジマ薬局(札幌)

  • 『我々の手でAED(自動体外式除細動器)を ~救命の連鎖を担うために~』

    ナカジマ薬局(足寄)

  • 『医薬品に添付されている乾燥剤の有効利用について』

    ナカジマ薬局帯広第一ブロック

  • 『SMO事業の今後の展望』

    ナカジマ薬局開発事業部 治験管理課

  • 『OTC売上げUP計画 ~売れる店になるために~』

    ナカジマ薬局(札幌)

  • 『現在取り組んでいる事務職員への指導に関して』

    ナカジマ薬局事務課

  • 『高齢者における吸入器の使用実態調査と手技指導への取り組み』

    ナカジマ薬局(空知)

  • 『糖尿病に関する服薬指導業務の見直し~糖尿病薬に関するアンケート結果に基づく検討~』

    ナカジマ薬局(札幌)

  • 『当薬局における「待ち時間問題」対応への取り組み』

    サンセイ調剤薬局(函館)

  • 『服薬指導補助ツール「いっぷく.Info」の作成 ~服薬指導充実の為に~』

    ナカジマ薬局(オホーツク地区)

  • 『小児の食物アレルギー』

    ナカジマ薬局(空知)

  • 『小児の服用に関する実態調査 ~コンプライアンス向上のために~』

    ナカジマ薬局(札幌)

  • 『タミフル服用患者様へのトレースによる追跡調査』

    帯広第二ブロック

  • 『小児の服薬コンプライアンス向上の為の服薬指導について』

    ナカジマ薬局(札幌・空知)

2006

第23回/ナカジマグループ学術研究会

  • 『患者さんの視点から観たきたみ調剤薬局の現状〜当店利用患者さんアンケート調査より〜』

    ナカジマ薬局 きたみ調剤薬局(北見)

  • 『処方箋様式変更による後発医薬品への変更状況と医薬品在庫の現状について』

    谷山会営薬局(鹿児島)

  • 『入院患者持参薬管理における当院薬剤部の役割』

    医療法人札幌麻生脳神経外科病院薬剤部(札幌) 曽我和子

  • 『薬歴や患者情報から患者の隠れた疾患を探る』

    (株)望星薬局(神奈川)

  • 『薬薬連携の強化を目指した退院時情報提供書の作成と運用ー患者様に必要とされる情報提供のあり方を求めてー』

    NTT東日本札幌病院薬剤科 (社)札幌薬剤師会病診委員会 (社)札幌薬剤師会
     関沢裕一、大江利治、三浦洋嗣

  • 『「めまい患者の指導・教育の支援ツール」作成の経緯について』

    ナカジマ薬局 麻生店(札幌)

  • 『一般用医薬品(OTC薬)の適正使用に向けて ー薬剤師への情報提供ー』

    八王子薬剤センター薬局(東京)

  • 【特別講演】『OTC薬剤師に求められるこれからの役割』

    座長 (株)ナカジマ薬局 薬剤部 教育マネージャー 北山久乃
    演者 東北薬科大学 薬理学教室 教授 只野 武 先生

2005

第22回/ナカジマグループ学術研究会

  • 『ロールプレイングを用いた患者様応対社内研修』

    ナカジマ薬局 帯広・池北ブロック

  • 『入社1年目の薬剤師における調剤ミスの傾向とその考察』

    谷山会営薬局(鹿児島)

  • 『これからは簡易懸濁法 嚥下障害・経管栄養患者様への薬剤投与方法』

    医療法人札幌麻生脳神経外科病院薬剤部(札幌) 曽我和子

  • 『在宅高齢者の服薬の実態 No2』

    (株)望星薬局(神奈川)

  • 『大型テレビを利用した患者待合室における情報提供の試み』

    八王子薬剤センター薬局(東京)

  • 『薬剤の飲食物摂取制限について「テオフィリンに対するカフェイン摂取」』

    ナカジマ薬局 札幌ブロック

  • 『保険薬局における喘息患者の服薬指導処方医との連携を図るための服薬指導アルゴリズム導入』

    まごころ薬局 大橋店(静岡)

  • 『道南地区におけるドライブスルー薬局の先駆けとして』

    サンセイ調剤薬局本店(函館)

  • 【時局講演】『平成18年度 診療報酬改定にあたって』

    座長 (株)三聖堂 サンセイ調剤薬局 薬剤部長 塚本 基(函館)
    演者 社団法人 日本薬剤師会 副会長 厚生労働省中央保険医療協議会委員
    漆畑 稔 先生

2004

第21回/ナカジマグループ学術研究会

  • 『高齢化社会における薬剤師の役割』

    谷山会営薬局(鹿児島) 末廣 繋、板坂朋広、南 慎一郎

  • 『当院における在宅訪問業務の課題』

    特定医療法人 徳洲会 札幌徳洲会病院 薬局(札幌) 岡部幸男

  • 『精神神経科におけるワークシートを用いた服薬指導の試み』

    旭川薬剤師会会営 旭薬調剤センター

  • 『地域医療における当薬局の役割 〜患者様から頼られる薬局を目指して〜』

    ナカジマ薬局 足寄店(足寄)

  • 『エルダー制度導入への試み』

    (株)セラピー 堺プラザ薬局(大阪)

  • 『ドライブスルー薬局に関する意識調査』

    サンセイ調剤薬局(函館)

  • 『高脂血症患者への服薬指導を考えて 〜アンケート調査より〜』

    (株)望星薬局 望星築地薬局(東京)

  • 『相互作用情報の提供に関する一考察』

    まごころ薬局 桜木店(静岡)

  • 『八王子薬剤センター薬局における 一般用医薬品情報提供の試み』

    八王子薬剤センター薬局(東京)

  • 『パナルジン®の副作用と服用実態調査』

    ナカジマ薬局(滝川)

  • 『当院におけるパーキンソン治療薬の仕様に関する疑問と解析』

    医療法人札幌麻生脳神経外科病院薬剤部(札幌) 曽我和子

2003

第20回/ナカジマグループ学術研究会

  • 『調剤過誤・事故防止対策における計数管理及びデジタルカメラの活用』

    ナカジマ薬局(帯広) 上田博史

  • 『電子紙芝居を活用した喘息患者への吸入指導の取組み』

    八王子薬剤センター薬局(東京) 梁瀬麻由

  • 『疾患別服薬指導内容の標準化への取組み』

    望星薬局(神奈川) 鈴木 真裕美

  • 『薬剤師によるインスリン自己注射指導の現状』

    徳洲会病院薬剤部(札幌) 丸山裕徳 先生

  • 『在宅中心静脈栄養療法の今後について』

    セコム医療情報システム 在宅医療部(東京) 八島利昌 様

  • 【基調講演】『職業「薬剤師」の仕事の価値はなんですか』

    オフィスにしづる 代表 西鶴智香

  • 『長期投薬情報提供2につなげるための当薬局の試み』

    旭川薬剤師会会営旭薬調剤センター(旭川) 八木 真砂子 先生

  • 『保健薬局における居宅・介護支援事業所の現状報告』

    南小樽薬局(小樽) 井野 千枝子 先生

  • 『糖尿病患者の生活指導を目指した店舗研修』

    株式会社ロングライフ まごころ薬局(静岡) 新納靖規 先生

  • 『在宅介護システム(医療機器のレンタル)』

    株式会社ほくやく(札幌) 高木伸一

  • 『薬情付ビニール薬袋に関するアンケート調査』

    株式会社ナカジマ薬局(帯広) 冨田 陽

  • 『イソバイド液の味付け調査』

    株式会社ナカジマ薬局(札幌) 前田敏江

  • 『患者様向けリーフレット及び薬剤師向け学術資料の作成と活用』

    株式会社ナカジマ薬局(帯広) 喜多正樹

  • 『患者様サービスへの取組み「サンセイ玉手箱」』

    株式会社三聖堂 サンセイ調剤薬局(函館) 根岸輝久

  • 【パネル・ディスカッション】『これでいいのか薬剤師!(薬剤師として必要な能力とは・・・)』

    コーディネーター:株式会社矢野経済研究所 遠藤邦夫
     パネラー:オフィスにしづる 代表 西鶴智香
    北海道薬科大学 教授 早瀬幸俊 先生
    札幌循環器クリニック 院長 続 雅博 先生
    セコム医療システム 部長 八島利昌

2002

第19回/ナカジマグループ学術研究会

  • 『お薬手帳の利用状況 ー その2』

    ナカジマ薬局(帯広)

  • 『当院グループにおける薬剤管理指導業務の実態』

    医療法人 耳鼻咽喉科麻生病院薬剤部(札幌)

  • 『職員間の連絡・報告に関する意識調査』

    サンセイ調剤薬局(函館)

  • 『慢性疾患患者の食とのかかわり ー低たんぱく食へのサポートー』

    アルファー薬局(千葉)

  • 『当薬局における自然食品に対するアプローチ』

    マイライフ薬局(静岡)

  • 『お薬手帳に関する患者の意識調査 〜アンケート調査を通して〜』

    谷山会営薬局(鹿児島)

  • 『添付文書上における先発医薬品と後発医薬品の相違点』

    ナカジマ薬局(札幌)

  • 『ヒヤリハットによる過誤対策 〜新人配属時における計画的導入〜』

    総合メディカル(福岡)

  • 『広域病院発行の処方せん応需に於ける医薬品備蓄に関する検討』

    望星薬局(神奈川)

  • 『計数調剤過誤防止システムへの取り組み』

    八王子薬剤センター薬局(東京)

  • 【招待講演】『咬み合わせ・咀嚼(そしゃく)と全身の健康』

    医療法人 きむら歯科 副理事長 木村洋子 先生

  • 【招待講演】『三年後に生き残る調剤薬局はどうあるべきか!』

    社団法人日本薬剤師会 常務理事
    厚生労働省中央社会保険医療協議会委員 漆畑 稔 先生

2001

第18回/ナカジマグループ学術研究会

  • 『高齢者のコンプライアンス向上の為の一考察』

    (有)弘法 まごころ薬局市田店(愛知

  • 『ドライブスルーの利用状況について その2』

    ナカジマ薬局(帯広)

  • 『調剤エラー、その原因を探る』

    サンセイ調剤薬局(函館)

  • 『医薬品の発注・備蓄と不足の対応 ~かかりつけ薬局を目指して~』

    谷山会営薬局(鹿児島)

  • 『シラカバ花粉症と果物アレルギー』

    ナカジマ薬局(札幌)

  • 『高齢者医療制度改定の処方動向への影響』

    望星薬局(神奈川)

  • 『頭痛を主訴とする新患への服薬指導について』

    医療法人札幌麻生脳神経外科病院薬剤部(札幌)

  • 『八王子薬剤センター薬局における薬歴の利用状況-患者情報活用事例を踏まえて-』

    八王子薬剤センター薬局(東京)

  • 『病院の医薬分業告知を受けた時、患者は何に期待し、何に不安になるのか-患者アンケート及びインタビューによる調査から-』

    セレナ調剤薬局(仙台)

  • 『ファーマシューティカルケアを行うための薬局薬剤師の学術的背景について』

    北海道薬科大学 臨床薬剤学研究室(小樽)

  • 【特別講演】『医療保険制度改革と調剤報酬改定の行方』

    社団法人日本薬剤師会 常務理事
    厚生労働省中央社会保険医療協議会委員 漆畑 稔 先生

2000

第17回/ナカジマグループ学術研究会

  • 『当院における薬剤師病棟活動 ~患者との関わりから~』

    北見脳神経外科病院診療技術部薬剤科(北見)

  • 『BELL麻痺に対し、当院の治療調査結果及び当薬剤部における指導の取り組みについて』

    札幌麻生脳神経外科病院 薬剤部(札幌)

  • 『患者への情報提供の考察 -医薬品等のエネルギ-表示-』

    望星薬局(神奈川)

  • 『疾患別リーフレットを活用した服薬指導』

    エンゼル調剤薬局(福島)

  • 『お薬手帳の利用意識について』

    ナカジマ薬局(帯広)

  • 『患者様から必要とされるかかりつけ薬局により近づく為に〈事務・調剤助手の立場から〉』

    (株)セラピー長野台薬局(大阪)

  • 『八王子薬剤センター薬局における待時間対策 …個人予製の充実…』

    八王子薬剤センター薬局(東京)

  • 『患者アンケートモニターを実施して』

    サンセイ調剤薬局(函館)

  • 『お薬手帳の有効利用について』

    ナカジマ薬局(札幌)

  • 『疑義照会について』

    まごころ薬局 下江町店(静岡)

  • 『KSwebインフォメーション』

    (株)クラヤ三星堂CSセンター情報営業グループ(東京)

  • 『処方変更への薬剤師の関与について』

    ひかり薬局 北4番丁(東京)

  • 『地域中核病院の院外処方箋応需における一考察』

    アルファー薬局(千葉)

  • 『薬局薬剤師のNST参加』

    まごころ薬局 富士見店(静岡)

  • 【招待講演】『難聴と人工内耳』

    医療法人耳鼻咽喉科 麻生病院 院長 大橋正實 先生

  • 【特別講演】『これからの薬局と薬剤師のあるべき姿とは-21世紀の薬局像を求めて』

    (株)矢野経済研究所 生命科学産業調査本部 本部長 遠藤邦夫 先生

1999

第16回/ナカジマグループ学術研究会

  • 『当薬局における外国人患者さんへの服薬指導方法』

    (株)ロングライフまごころ薬局 小笠店(静岡)

  • 『聴覚障害者に対する当薬局での取り組み』

    アルファー薬局(千葉)

  • 『施設調剤の導入』

    (株)オオノ ひかり店長町南(仙台)

  • 『入所者の調剤を通じた施設との連携』

    大町調剤薬局(新潟)

  • 『多数医療機関受付とかかりつけ薬局へのステップ』

    ナカジマ薬局(札幌)

  • 『卸における副作用情報の収集』

    クラヤ薬品(株) PMS課(札幌)

  • 『薬剤師が行う薬物治療(患者QOLの評価)』

    エンゼル調剤薬局(福島)

  • 『薬物代謝酵素と添付文書上副作用との相関性の検討 -女性化乳房を対象として-』

    望星薬局(神奈川)

  • 『CTRX注が関与したと思われる血小板減少症について』

    北見脳神経外科病院 診療技術部 薬剤科(北見)

  • 『調剤薬局経営管理に関する一考察』

    サンセイ調剤薬局(函館)

  • 『八王子薬剤センター薬局における薬歴情報の活用状況について』

    八王子薬剤センター薬局(東京)

  • 『患者情報登録用紙(新患用)の改良への取り組み』

    ナカジマ薬局(帯広)

  • 『当グループに於ける社員研修制度について』

    (株)ロングライフグループ(静岡)

  • 【基調講演】『患者が望む薬剤情報提供』

    ささえあい医療人権センター COML 代表 辻本好子 先生

  • 【パネルディスカッション】『薬剤師は患者さんのために何が出来るのか』

    コーディネーター 伊藤医薬経営研究所 所長 伊藤 昭 先生

1998

第15回/ナカジマグループ学術研究会

  • 『新卒薬剤師教育カリキュラムの試み』

    ナカジマ薬局(札幌)

  • 『新様式添付文書移行に関する調査』

    (株)モロオ医薬情報部(札幌)

  • 『入院患者への薬剤情報提供業務への取り組み』

    北見脳神経外科病院(北見)

  • 『コンピュータによる薬剤情報提供の方向性と課題について』

    エーダイ薬品(株)南九条調剤薬局(札幌)

  • 『医薬品包装の廃棄処理と環境への影響』

    望星薬局(神奈川県)

  • 『我が調剤薬局における服薬指導 -POSの取り組み-』

    クリオネ新さっぽろ薬局(札幌)

  • 『患者さんとのコミュニケーション』

    サンセイ調剤薬局(函館)

  • 『クラリスロマイシンドライシロップの味に影響を及ぼす併用薬との服用状況について』

    ナカジマ薬局(帯広)

  • 『当薬局における産婦人科院外処方せんの対応』

    (株)ロングライフまごころ薬局桜木店

  • 『清涼飲料水により急性のアレルギー症状を引き起こした一例』

    大町調剤薬局(新潟)

  • 『保険薬局薬剤師・管理栄養士による在宅患者の栄養管理』

    エンゼル調剤薬局(福島)

  • 『内視鏡的萎縮と13C尿素呼気試験の検討』

    八王子薬剤センター薬局  東京医科大学八王子医療センター消化器内科
    昭和薬科大学微生物学研究室

  • 『窓口トレースから始まった在宅患者訪問薬剤管理指導』

    ナカジマ薬局(札幌) ナカジマ薬局在宅分科会

  • 【招待講演】『超急性期脳卒中(脳血管障害)の臨床薬物治療を中心として』

    医療法人 札幌麻生脳神経外科病院 院長 斎藤久壽 先生

  • 【特別講演】『新型インフルエンザウイルス -出現のメカニズムと予防対策-』

    北海道大学大学院獣医学研究科
    疾病制御学講座微生物学教室 教授 喜田 宏 先生

1997

第14回/ナカジマグループ学術研究会

  • 『医療保険制度改革 ~患者窓口負担の増加とその影響~』

    サンセイ調剤薬局(函館)

  • 『個別指導後の疑義照会内容の変化』

    ナカジマ薬局(札幌)

  • 『医療法改正に伴う調剤薬局の対応について』

    エンゼル調剤薬局(福島)

  • 『広域からの応需処方せんの解析(医療機関の所在地と患者住所の視点から)』

    (社)千葉県薬剤師会 富岡調剤薬局(千葉)

  • 『マイライフ薬局における薬剤情報提供』

    まごころ(株)マイライク薬局(静岡)

  • 『“調剤内容のお知らせ”アンケート結果について』

    (社)千葉県薬剤師会 富岡調剤薬局(千葉)

  • 『医薬品適正使用に関する情報提供 -主に製薬企業からの添付文書改訂について-』

    (株)モロオ医薬情報部(札幌)

  • 『「薬剤情報提供書」への取り組みの変貌について』

    札幌麻生脳神経外科病院 薬剤部(札幌)

  • 『白内障患者に見やすい注意票の検討』

    (株)望星薬局(神奈川)

  • 『八王子管理センターとしての面分業に対する取り組み』

    八王子薬剤センター薬局(東京) 八王子管理センター

  • 『分業における患者情報提供の必要性』

    函館五稜郭病院 薬剤部(函館)

  • 『在宅訪問から見た薬剤師の原点とは』

    大町調剤薬局 ファーマシーにしむら(新潟)

  • 『訪問服薬指導実践の報告 ~ご自宅にお伺いして~』

    (株)オオノ ひかり薬局(仙台)

  • 『託児施設への訪問活動』

    ナカジマ薬局(帯広)

  • 【招待講演】『公的介護保険と薬局薬剤師 -保健・医療・福祉の連携-』

    日本薬剤師会 分業対策委員会委員
    (有)セブンプロジェクト 代表取締役 七海 朗 先生

  • 【特別講演】『医薬品の併用を考えてみて』

    岡山大学 薬学部薬学基礎教室 教授 中山太二 先生

1996

第13回/ナカジマグループ学術研究会

  • 『患者さんの期待に応える服薬指導課の取り組み』

    八王子薬剤センター薬局(東京)

  • 『当薬局の業務改善(メッセージカード、ワンドースの活用)』

    ケイアイグループ トモ薬局(宮崎)

  • 『医薬品適正使用への関わり』

    サンセイ調剤薬局(函館)

  • 『調剤予備作業の有用性』

    (株)望星薬局(神奈川)

  • 『医薬品異物混入報道への対応 -患者座談会・企業アンケート調査より-』

    ナカジマ薬局(帯広)

  • 『外用薬の調剤後の経時変化』

    大町調剤薬局(新潟)

  • 『日常業務における薬剤師の指の汚れについて』

    ナカジマ薬局(札幌)

  • 『患者向け薬効パンフレットを作成して』

    富岡調剤薬局(千葉)

  • 『卸の医薬品情報提供とパソコン通信』

    (株)モロオ医薬情報部(札幌)

  • 『調剤業務のコンピュータ化を考える』

    エプソンメディカル(株)大阪支店

  • 『安全で効率的な医薬品供給を目指して~処方薬と疾患とセルフケアとしてのOTC薬との相互作用表の作成~』

    ひかり調剤薬局(宮城)

  • 『薬剤師がコーディネートする在宅ケアカンファランス』

    エンゼル調剤薬局(福島)

  • 『在宅医療における薬剤師の立場とその現状』

    クライマーえにわ薬局(恵庭)

  • 『在宅医療への取り組み -介護用品の取扱いを始めて-』

    (社)千葉県薬剤師会 富岡調剤薬局(千葉)

  • 【招待講演】『地域医療の現状 -薬剤師に期待されること-』

    我妻病院 院長 池田裕次 先生

  • 【特別講演】『牛海綿状脳症 -最近の話題-』

    帯広畜産大学 獣医公衆衛生学教室 教授 品川森一 先生

1995

第12回/ナカジマグループ学術研究会

  • 『保険薬局薬剤師による外来診察室での研修 -耳鼻咽喉科-』

    八王子薬剤センター薬局

  • 『個別医薬品特別指導についての考察 ~より適切な服薬指導をめざして~』

    ひかり調剤薬局(宮城)

  • 『保険薬局における学生実習と大学の事前指導』

    望星薬局(神奈川)

  • 『外国人模擬患者による服薬指導研修』

    ナカジマ薬局(札幌)

  • 『点眼薬における複数併用時のコンプライアンスの実態』

    大町調剤薬局(新潟)

  • 『水剤の配合変化』

    富永調剤薬局(岡山)

  • 『食品の医薬品に及ぼす影響』

    工藤調剤薬局(東京)

  • 『吸入薬の汚染状態』

    ナカジマ薬局(帯広)

  • 『一包化製剤評価の試み ~第一報~』

    ナカジマ薬局(札幌)

  • 『小児薬用量の検討 ~第一報~』

    サンセイ調剤薬局(函館)

  • 『在宅中心静脈栄養法(HPN)を実施して』

    富岡調剤薬局(千葉)

  • 『入力エラーとその対策』

    サンセイ調剤薬局(函館)

  • 『信頼のトライアングル 〈すみれ調剤薬局の場合〉』

    すみれ調剤薬局(山形)

  • 『当薬局における在庫管理システム -週2回納品の導入-』

    富岡調剤薬局・福神株式会社(千葉)

  • 『当院の院外処方箋発行に伴う疑義照会について』

    函館五稜郭病院薬剤部(函館)

  • 【招待講演】『薬と毒』

    東北薬科大学 癌研第二部 教授 佐々木 健一 先生

1994

第11回/ナカジマグループ学術研究会

  • 『各疾患と予防接種に対する意識調査』

    ナカジマ薬局

  • 『相談窓口の利用状況』

    富岡調剤薬局

  • 『調剤待ち時間調査における一考察』

    ひかり調剤薬局

  • 『点眼薬の点眼順序に関する調査及び考察』

    大町調剤薬局

  • 『テオドールシロップにおける服用状況調査』

    ナカジマ薬局

  • 『薬剤師会としての学生実習プログラムについて』

    健康第一調剤薬局

  • 『望星薬局における学生実習』

    望星薬局

  • 『保険薬局薬剤師による外来診察室での研修 -皮膚科-』

    八王子薬剤センター薬局

  • 『平成6年診察報酬改正の影響について』

    大町調剤薬局

  • 『パソコンネットによる備蓄薬局検索ならびに小分けシステムについて』

    たむら薬局

  • 『DI管理に対する提案』

    バレオ医薬情報部

  • 『薬剤師の在宅医療チームへの参与』

    トモ薬局

  • 【招待講演】『漢方医療の最近の話題』

    北海道薬科大学 漢方薬物学研究室 教授 鹿野美弘 先生

1993

第10回/ナカジマグループ学術研究会

  • 『チメロサールの安定性について』

    ナカジマ薬局

  • 『散剤監査システムの導入と運用』

    富岡調剤薬局

  • 『Quality of Lifeに関する比較試験の文献調査 -高血圧治療-』

    八王子薬剤センター

  • 『当院調製バンコマイシン軟膏の安定性について』

    帯広厚生病院

  • 『患者アンケートにみる点眼薬使用の実態』

    大町調剤薬局

  • 『望星薬局におけるラウンド栄養士活動について』

    望星薬局

  • 『患者の質問を考える -よりより服薬指導のために-』

    ひかり調剤薬局

  • 『患者が要望する服薬指導と副作用に関する意識調査』

    ナカジマ薬局

  • 『米国のコミュニティーファーマシーにおけるファーマシューティカルケアと在宅医療』

    望星薬局

  • 【記念講演】『これからの医薬情報活動のあり方』

    帝京大学薬学部 医薬情報室 堀 美智子 先生

  • 【特別講演】『抗アレルギー薬のケミカルメディエーター遊離抑制機構』

    新潟薬科大学 毒物学 助教授 高中 紘一郎 先生

1992

第9回/ナカジマグループ学術研究会

  • 『小児の好きなお薬は? -当薬局に来局した小児患者についての嗜好調査-』

    さくら調剤薬局八幡店

  • 『コルチコステロイド軟膏混合製剤の安定性について』

    ナカジマ薬局

  • 『コンプライアンス状況とノンコンプライアンスの改善報告』

    富永調剤薬局

  • 『家族薬歴簿の活用について』

    大町調剤薬局

  • 『当院の薬物相互作用についての処方実態調査』

    帯広厚生病院薬局

  • 『ベンゾジアゼピン系睡眠薬の処方動向 -医薬品情報の与える影響-』

    望星薬局

  • 『患者血漿からのフィブロネクチン点眼剤の精製とその効果-高木眼科病院との共同研究-』

    平野屋薬局 高木眼科病院

  • 『当診療所における真菌症の統計的観察と季節的推移』

    高木皮膚科診療所

  • 『製剤在庫管理のシステム化』

    富岡調剤薬局

  • 『懸濁性ピレノキシン製剤の薬剤師からの一考察』

    八王子薬剤センター薬局

  • 『当診療所における過去5年間の返戻レセプトの分析』

    高木皮膚科診療所

  • 『小児の発熱及び解熱剤に対する母親の意識調査』

    ナカジマ薬局

  • 『薬袋についての考察 -薬袋に対する患者の理解度-』

    ひかり調剤薬局

  • 【招待講演】『DIと薬剤師 -DIは服薬指導の原点-』

    仙台薬科セミナー 代表取締役学長 今泉忠六 先生

1991

第8回/ナカジマグループ学術研究会

  • 『カウンセリングコーナーの業務内容について』

    さくら調剤薬局

  • 『薬局における使用済み注射器の回収についての報告』

    富岡調剤薬局

  • 『漢方製剤における剤形の検討 -第3報- 患者への臨床適用』

    八王子薬剤センター薬局

  • 『医療情報教育におけるシミュレーションの応用』

    帝京大学薬学部医薬情報室

  • 『テオフィリン徐放顆粒の服用方法検討』

    ナカジマ薬局

  • 『当診療所における最近一年間の新患患者の統計的観察 -病名を中心として-』

    高木皮膚科医院

  • 『日常診療における光カードの実験的入力』

    御影診療所 ニチイ学館

  • 『プラバスタチンの臨床成績について 第2報』

    ナカジマ薬局 御影診療所

  • 『散剤自動分割分包機(SOLNO DUET HP-63UT)の性能試験』

    望星薬局

  • 『当診療所を受診したアトピー性皮膚炎患者の症状の分析-1760例についての統計的観察と円形脱毛症の関連について-』

    高木皮膚科医院

  • 『ACE阻害剤の使用状況と副作用』

    ナカジマ薬局

  • 【招待講演】『病院における感染性廃棄物の管理』

    順天堂大学医学部附属浦安病院 検査科技師長 川畑貞美 先生

1990

第7回/ナカジマグループ学術研究会

  • 『水薬分包の有用性検討 第二報』

    ナカジマ薬局 船津小児科医院

  • 『手の湿疹 -当診療所におけるアンケート調査の報告-』

    高木皮膚科

  • 『重複調剤の実際と考察』

    まつもと薬局

  • 『北大病院の院外処方の実際と解析(1)-内科を中心に-』

    ナカジマ薬局

  • 『医薬品情報検索システム“DIQS”の開発と医薬品データベースの作成』

    真鍋DIセンター

  • 『患者サービスについて 第二報』

    ナカジマ薬局

  • 『併用点眼液のpHと配合変化の検討』

    谷山会営薬局

  • 『漢方製剤における剤形の検討 -第一報 形状、味-』

    八王子薬剤センター薬局

  • 『プラバスタチンの臨床成績について』

    ナカジマ薬局 清水町国保御影診療所

  • 『産婦人科外来患者の処方とその検討』

    阿佐ヶ谷ファーマシー

  • 『当薬局における待ち時間についての考察』

    富岡調剤薬局

  • 『当診療所で請求した保険者数について』

    高木皮膚科

  • 『望星薬局製剤品の品質試験(ネオフィリン坐薬中のアミノフィリンの定量)』

    望星薬局

  • 『社内アンケートによる薬袋及び手さげ袋に関する意識調査について』

    さくら調剤薬局

  • 『特別養護老人ホームにおける服薬調査』

    ナカジマ薬局

  • 【招待講演】『腫瘍随伴症候群』

    旭川厚生病院 皮膚科主任部長 水元俊裕 先生

1989

第6回/ナカジマグループ学術研究会

  • 『シロップ剤の配合変化 第一報 -マクロライド系抗生物質について-』

    ナカジマ薬局

  • 『テオフィリン血中濃度に及ぼす塩酸シプロフロキサシンの影響について』

    帯広厚生病院薬局

  • 『患者指導支援システムの検討(その2)-患者教育指導書の交付-』

    望星薬局

  • 『透析患者の処方に関する分析 第2報』

    さくら調剤薬局

  • 『重複受診・重複投与の実態調査 第1報』

    ナカジマ薬局

  • 『各種指導科の検討 -歴史的考察を中心に-』

    高木皮膚科 秋川内科

  • 『患者サービスについて』

    ナカジマ薬局

  • 『高血圧患者を対象とした薬に対するアンケート調査について』

    谷山会営薬局

  • 『伝染性軟属腫とアトピー性皮膚炎患者との相関,及び社会的背景について』

    高木皮膚科

  • 『当院における小児喘息患者IgE-RAST値の検討』

    船津小児科

  • 『抗生物質の飲料水溶解時における味の検討』

    双葉調剤薬局

  • 【招待講演】『臨床における疼痛とP物質』

    東北薬科大学薬理学教室 教授 木皿憲佐 先生

1988

第5回/ナカジマグループ学術研究会

  • 『小児喘息患者におけるテオフィリンの投与量と血中濃度の相関について』

    ナカジマ薬局 船津小児科

  • 『乳幼児のおむつによる皮膚症状について』

    高木皮膚科

  • 『シロップ剤、ドライシロップ剤の甘味剤の含量とケトン食療法』

    工藤調剤薬局

  • 『糖尿病とアルコール摂取の問題』

    ナカジマ薬局 御影診療所

  • 『患者指導支援システムの検討』

    望星薬局

  • 『当院における事務過誤に起因する返戻レセプトの分析』

    高木皮膚科

  • 『老人保険法の諸問題についての一考察』

    ナカジマ薬局

  • 『透析患者の処方に関する分析』

    さくら調剤薬局

  • 『ステロイド軟膏と亜鉛華単軟膏の混合製剤について』

    ナカジマ薬局

  • 『一般の人々の薬についての意識調査』

    谷山会営薬局

  • 『採血時の状況が検査データーに及ぼす影響について』

    相互生物医学研究所

  • 『ウラリットUの経時変化』

    ナカジマ薬局

  • 【招待講演】『形成外科臨床の現況』

    北海道大学医学部形成外科助教授 杉原平樹 先生

1887

第4回/ナカジマグループ学術研究会

  • 『血中テオフィリン濃度に及ぼす抗生物質の影響』

    ナカジマ薬局

  • 『当院における軽症熱傷について』

    高木皮膚科

  • 『保険請求におけるトラブルの原因についての一考察』

    双葉形成外科

  • 『データ通信を利用した医薬情報活動(Ⅱ)』

    望星薬局

  • 『アセトアミノフェン水剤の調製と乳幼児への使用経験について』

    まつもと薬局

  • 『水薬の分包投薬における使用経験』

    ナカジマ薬局

  • 『喘息患者のテオフィリン血中濃度測定の有用性について -症例を中心に-』

    船津小児科

  • 『薬物の相互作用(第二報)』

    ナカジマ薬局

  • 『インシュリン自己注射患者に対する投薬指導-第一報』

    さくら調剤薬局

  • 『コンピューターによるレセプト作成の問題とその解消について』

    高木皮膚科 ナカジマ薬局電算室

  • 『外来の形成外科 -開院一年間の手術症例の検討-』

    ナカジマ薬局

  • 【招待講演】『常在ウイルスと人癌』

    北海道大学医学部癌研ウイルス部門 助教授 水野文雄 先生

1886

第3回/ナカジマグループ学術研究会

  • 『アトピー性皮膚炎とその母親の手の湿疹の相関について』

    高木皮膚科

  • 『喘息患者とその他のアレルギー性疾患との相互関係について』

    ナカジマ薬局

  • 『高速液体クロマトグラフィーによるリンデロンVGローションとセボロエローション混合液剤の定量検討』

    さくら調剤薬局

  • 『調剤薬局における服薬指導について -投薬口における質問内容の検討-』

    ナカジマ薬局

  • 『当院における最近3年間の救急車による患者搬送について』

    船津小児科

  • 『ラウンド薬剤師』

    望星薬局

  • 『コンピューター導入後の返戻の分析とその解消について』

    高木皮膚科

  • 『パソコンによる薬剤在庫管理と使用期限チェックの一考察』

    まつもと薬局

  • 『調剤薬局における待ち時間について』

    ナカジマ薬局

  • 『点眼薬の使用状況と問題点』

    ナカジマ薬局

  • 【招待講演】『酸素毒性とスーパーオキシドディスムターゼ』

    旭川医科大学皮膚科学教室 講師 大熊憲祟 先生

1885

第2回/ナカジマグループ学術研究会

  • 『Acneに対するCS軟膏の臨床評価 -二重盲検法による検討-』

    ナカジマ薬局

  • 『真菌検査とその培養結果についての考察』

    高木皮膚科

  • 『Office Dermatology における看護について』

    高木皮膚科

  • 『外来患者の処方の実際とその解析(2)-高齢者受診患者の処方箋内容の検討及び高齢者のノンコプライアンス-』

    まつもと薬局

  • 『調剤薬局』、あなたはどう考えますか?

    ナカジマ薬局

  • 『皮膚科における薬の意識調査』

    ナカジマ薬局

  • 『コンピューターによるレセプト作成及び事務の合理化について』

    高木皮膚科

  • 『当院における最近1年間の急患・時間外患者について』

    船津小児科

  • 『園児を対象とした服薬状況調査』

    ナカジマ薬局

  • 『院内感染』-手指消毒及び軟膏缶消毒-

    ナカジマ薬局

  • 『点眼剤の容量測定』

    ナカジマ薬局

  • 【招待講演】『薬物体内動態-副腎皮質ホルモン剤の Pharmacokinetic Interaction を中心に-』

    東日本学園大学 薬学部長 高田昌彦 教授

1884

第1回/ナカジマグループ学術研究会

  • 『薬疹について』

    宮川勝好

  • 『小児(10才以下)に対する服薬指導についての研究』

    今村有子

  • 『薬物の相互作用』

    小川ひとみ

  • 『コンピューター導入によるレセプト及び事務処理の合理化』

    長田はつよ

  • 『愛される調剤薬局を目指して』

    渡会宗子

  • 『調剤薬局における患者の意識調査 その1』

    小山一栄

  • 『外来患者の処方の実際とその解析(1)小児科受診患者の処方せん内容と薬用量の検討』

    まつもと薬局 松本健春

ページのトップへ戻る