ナカジマ薬局の取り組み

05. 地域貢献


地域の相談薬局の機能

ナカジマ薬局は処方箋がなくても入りやすい薬局を目指しております。健康相談、お薬についてのご相談だけでも気軽にお越しください。ヘルスチェックコーナーやマッサージ器をご用意している店舗もあり、無料でご利用いただいております。

OTC医薬品・
ヘルスケア関連商品

ナカジマ薬局では家庭用医薬品や健康食品、おむつやガーゼ等の衛生材料も数多く品揃えしており、お買い物だけでもお楽しみいただけるような薬局となっております。また、処方薬との飲み合わせについても適切にご説明いたします。

在宅医療への取り組み

地域の医師、ケアマネージャー、社会福祉協議会等と連携し、通院困難な患者様の服薬状況改善のために積極的に在宅医療に取り組んでおります。

在宅調剤センター
訪問看護ステーション

「患者様中心主義」という理念の基、ご自宅で安心して医療が受けられるように処方元医療機関や各居宅系施設の様々な職種の方々と連携しながら、薬の専門家として積極的に活動してまいります。また、無菌室にクリーンベンチを設置し、高カロリー輸液や医療用麻薬等の注射剤混注業務にも対応いたします。

>札幌在宅調剤センター

>宮の沢在宅調剤センター

>福住在宅調剤センター

>帯広在宅調剤センター

>札幌訪問看護ステーション季の風

勉強会の実施

<職員様向け勉強会>
薬剤師による「正しいお薬の保管方法」
管理栄養士による「栄養相談会」…など
<ご利用者様向け勉強会>
薬剤師による「お薬の正しい服用方法」
管理栄養士による「栄養素や効果的な食事」…など

その他にも施設様の希望される内容の勉強会をご相談の上実施させていただきます。

自治体との高齢者等の見守り活動に関する協定

ナカジマ薬局が、1983年より行っている「テレフォン服薬サポート®」により、薬剤師が患者様宅へお電話した際に異変を感じたときや、何度電話をかけても不在など、あきらかに様子がおかしい・日常と異なる不審な点などが予見される世帯を発見した場合に、自治体と連携して対応し、その後の見守り活動などを行うものです。2015年、足寄町(北海道足寄郡)との締結に始まり、推し進めています。

災害対策への取り組み

ナカジマ薬局では、災害時においても、地域のみなさまに必要な医療を提供できるようにと心がけ、地域医療に貢献すべく、下記対応を行っております。

  • ○薬局内の医薬品や医療資源について、一定の備蓄をし、災害時もグループ店舗の連携により、医薬品確保ができる体制をとっています。
  • ○災害時に地域の医療機関や行政と連携する体制づくりを進めています。
  • ○本社、事業所など、グループ内15拠点に蓄電池を配置し、災害時においても調剤機器やレセプトコンピュータが稼働できる体制をとっています。
  • ○災害発生時の活動マニュアルやBCP(事業継続計画)を作成し、災害時にもそれぞれが自走できる体制を構築しています。
  • ○災害や救急領域などの専門資格もつ薬剤師の育成に取り組んでいます。
  • ○管理栄養士による災害時の環境下でも調理できるレシピなどの情報発信も行っています。
ページのトップへ戻る