ナカジマ薬局の取り組み

01. こだわりの店舗づくり


見える調剤室

処方せんがどのような流れで薬に変わり手元に届くのか、待合室にいる患者様から、調剤室内での調剤の過程が見える店舗作りを行っています。
また、薬剤師は調剤室から患者様の様子を見ることが出来ます。患者様は今いらいらされていないか?具合が悪そうではないか?など患者様の状態を常に意識しながら調剤いたします。

ゆったりした空間に
仕上げた待合室

ぬくもりのある色でコーディネートされ、明るく開放的なデザインにしています。お薬を待つ間も、安心して過ごしていただける空間が特徴です。バリアフリー対応も積極的に進めています。

患者様が座る椅子にもひと工夫を

整形外科の近くにあるナカジマ薬局啓北店には腰や膝が痛いという患者様が多くいらっしゃいます。そのため、待合室には様々な椅子を配置しています。浅く腰掛けることの出来る椅子もあります。座りやすいところでお待ち頂くことが出来るよう工夫をしています。

ブース型のお薬お渡し口

ナカジマ薬局は、全店舗に座ってお薬を受け取ることの出来るお薬お渡し口を設置しています。
患者様に必ず座って頂くお薬お渡し口の椅子にもこだわりがあります。お掛けいただいてゆっくり薬の説明をお聴き頂き、また薬や健康についてご相談いただけるように、全店でゆったり座って頂ける椅子をご用意しております。

その他充実したアメニティ

  • バリアフリー(自動ドア・多目的トイレ)
  • 給茶機/ウォーターサーバー
  • OTC医薬品/サプリメント・健康食品/
  • 衛生材料販売コーナー
  • ヘルスチェックコーナー
  • キッズコーナー

健康寿命を支える薬局

超高齢化社会を迎える中で、人々が健康で過ごせる「健康寿命」を支える一役を担いたいという想いから、ナカジマ薬局は「健康寿命を支える薬局」を目指しております。
処方せん調剤のほか一般用医薬品や患者様に合ったサプリメントや栄養補助食品などのご提案、生活改善指導、時には適切な医療機関の紹介を行っています。病院へ行く前段階での情報提供とアドバイスを行い、地域の方々が毎日安心して健康に暮らせるようにお手伝いする、それが地域に根づいた薬局の大切な役割であると考えています。

ページのトップへ戻る