さらに発展する6つの医療サービス

治験事業

ナカジマグループの治験事業について

ナカジマグループは、治験事業の基盤を拡充させるため、SMOとして全国に事業展開をしている株式会社アイロムグループ(東証一部上場)と合弁会社「株式会社アイロムNA」を設立いたしました。
合弁会社の設立に伴い、これまで株式会社ナカジマ薬局で行っておりました治験事業については、2016年9月1日より株式会社アイロムNAにおいて取り組んでおります。

治験とは?

治験とは、開発中の薬を使用していただき、その薬の有効性(効果)や安全性(副作用)などを確認して、医薬品として許可を得る為に行う臨床試験です。新しい薬が病気に対して有効かどうか、また、安全かどうかを科学的に調べるには、実際に患者様にご協力いただき試験を行う必要があります。
既存の薬剤でも、効能・効果を追加するなど、以前の承認内容と異なる目的で使用する場合には治験が必要となります。
治験への参加は強制されることなく、患者様の「自由意志」で決定し、法律に従って行われます。

※もっと詳しく治験に関してお知りになりたい方はこちら
厚生労働省:「治験」ホームページ

SMOとは?

SMO(Site Management Organization)。 治験施設支援機関と呼ばれ、病院、クリニックなどの治験実施医療機関と契約し、治験を開始するための院内体制の整備から治験コーディネーター業務等の治験全般の実務を支援する組織です。
ナカジマグループは30年以上の調剤業務で築いた患者様、各種医療機関様、製薬会社様と強固な信頼と地域に密着したコミュニケーション能力で、より質の高い治験事業の支援が可能です。

設立会社概要

商号 株式会社アイロムNA(英文:I'rom NA Co.,Ltd.)
所在地
  • 北海道札幌市中央区北5条西2-5
    JRタワーオフィスプラザさっぽろ12階
代表取締役 森 豊隆(株式会社アイロムグループ 代表取締役)
取締役 中島 久司(株式会社ナカジマ薬局 代表取締役)
中村 之彦(株式会社ナカジマ薬局 常務取締役)
松島 正明(株式会社アイロムグループ 専務執行役員)
長南 享
渡部 敬洋
事業内容 SMO(Site Management Organization:治験施設支援機関)事業
資本金 3,000万円
出資比率 株式会社アイロムグループ 70%
株式会社ナカジマ薬局 30%

ナカジマグループ

患者様のためにを追求するナカジマグループです。

  • ナカジマグループ
  • 株式会社日本薬剤
  • 北海道ジェネリック株式会社
  • 株式会社エヌ
  • メディック 28
  • メディック 28
ページのトップへ戻る