さらに発展する6つの医療サービス

ジェネリック医薬品


ジェネリック医薬品とは?

新薬の特許期間満了後に厚生労働省の承認を得て製造・販売される「ジェネリック医薬品」。
厚生労働省による厳しい試験、検査、基準などを満たし、
新薬と同じ品質、有効性、効果・効能、安全性を持つと国に認められた医薬品です。

患者様のお薬代の負担を軽減

10年以上の歳月と数百億円以上もの投資が必要と言われる新薬の開発。それに比べ新薬で既に効き目や安全性が確立されているジェネリック医薬品の開発期間は3年ほどと非常に短く、開発費も抑えられるため、薬の値段が新薬より安くなります。患者様のお薬代の負担を軽減できる、それがジェネリック医薬品です。

もちろんナカジマ薬局でも処方しています!

処方せんの「後発医薬品(ジェネリック医薬品)への変更不可」というチェック欄に医師のサインが無ければ、薬剤師と相談してジェネリック医薬品を選ぶことができます。ジェネリック医薬品をご希望される患者様はナカジマ薬局の薬剤師にお気軽にご相談ください。(お薬によっては、ジェネリック医薬品がないもの、取り寄せに時間のかかるものもあります。)

ナカジマグループでは
高品質なジェネリック医薬品の
安定供給に取り組んでいます

ナカジマグループの北海道ジェネリック株式会社は
高品質で安定供給可能な厳選されたメーカーのジェネリック医薬品のみを取り扱い、
北海道・関東でのジェネリック医薬品の普及に努めています。

北海道でのジェネリック医薬品の普及
ページのトップへ戻る